ピンタレストのフォロワーを4か月で1000人に増やせた話

Blog

2021年4月頭に“Pinterestクリエイターアカデミー”が開講するという知らせを頂きました。
それからおよそ4か月、8月18日にフォロワーの方が1000人になりました。
その過程をこれからお話したいと思います。

最初のキッカケはクリエイターアカデミーへの参加

ピンタレストにはアイデアを得るために登録していたのですが、自分から何かを発信しようとは考えていませんでした。写真はどれも綺麗でクオリティが高かったので、その中に参入するには気おくれしましたし、発信者として登録することに何のメリットがあるか分からなかったのです。
そんな中での“クリエイターアカデミー開講”のお知らせ。新機能のアイデアピンを使えるということと、受賞者には特典があるということでしたので、初心者クリエイターとして何かのキッカケになると思い参加を決意しました。

ビジネスアカウントにアップグレード

まず初めにビジネスアカウントにアップグレードするように案内が来ました。ピンタレストをSNSの一種だと思っていた私にとっては少し違和感がありましたが、とりあえずは案内通りにアップグレードしてみました。

無料オンライン講座開始

4月19日から週に一度、オンライン動画のURLが送られてきました。特に印象に残っているのは第一回目の“オーディエンスを考える”という内容でした。今までYouTubeやブログに自分の表現したい作品を載せていましたが、言ってみれば独りよがりの作品が多く、見る人のことは考えていませんでした。

アイデアピンの制作

新機能アイデアピンへの挑戦

このクリエイターアカデミーの趣旨は“新機能アイデアピン”の紹介を含んでいました。InstagramやFacebookにストーリーピンという機能がありますが、それは基本、一定の時間が経てば消えてしまいます。残すことも可能ですが、やがては多くの投稿とタイムラインの投稿とともに時間の彼方に消えて行ってしまう宿命です。ところがピンタレストのアイデアピンは消えることなく良いピンは残るようです。現に私が5月に投稿したピンは、その当時はフォロワーが多くはいなかったはずなのに、投稿した当初から沢山のリアクションと保存をされています。参入したての初心者にもチャンスがあるシステムなのです。

自分の過去の作品をブラッシュアップする

アイデアピンの内容は“新しく考える”というよりは今までの自分の作品を他の人が役立つアイデアに昇華する作業でした。私の場合はスマホや一眼レフでの撮影が普段の興味の中心でしたので、沖縄で撮影した素材を中心にアイデアピンを投稿していきました。アカウントの統一感も必要であるとのことなので、タイムラプススローモーションの動画を中心に投稿しました。情報を伝えるには動画が良いとの講義内容でしたので、それも実践しました。

デザインのアイデアはCanvaに頼る

Canvaというサイトをご存じでしょうか。私も少し前に知ったのですがデザインに関わる方には有名なサイトです。ピンタレストに投稿するのにピッタリの縦型のデザインも多くあり、最近は日本向けのテンプレートも増やしたようなのでオススメです。無料からのお試し期間もあり、年間12000円ほどで使うことができます。
このCanvaに自分の動画をアップロードしてアイデアピンを作っていきました。ピンタレストのアイデアピンのサイト内で作ることも可能ですが、私が当初 作っていた時はパソコンで下書きしたものをスマホで共有することができず不便でしたので、作って完成したものをアップロードする形にしました。今後はピンタレスト内での使い勝手も良くなっていくでしょう。

クリエーターアカデミー📌Pinterest賞受賞

受賞したことで おすすめクリエイターとして紹介していただく

5人の受賞者がいました。他の受賞者の方は料理とかイラストとか旅行などの人気の分野の方々で素晴らしいアイデアピンを作っていらっしゃいました。そんな中での受賞はとても意外でした。その受賞後にアンケートを頂き、その内容がブログで紹介されたり、おすすめクリエイターでピンとして紹介していただいたりしました。

夏休み企画に応募してみる

クリエイターアカデミーに登録すると連絡用にLINEのグループに入ることをお勧めされるのですが、6月末にLINEの通知で「この夏、ひらけインスピレーション!」と題した夏休みに向けたアイデアピンの募集がありました。5つまで応募できるのですが、そのうちのいくつかが紹介され、フォロワーを増やすことができました。
“いくつか”と書いたのは、オススメされる連絡が来るのと来ないのがあり、この夏休み企画は来なかったけどもピックアップとして紹介されるときは、事前に連絡をいただきました。いずれも急にフォロワーの方が増えるので分かります。

今後のことについて

ピンタレストが今回、今までのピンの持つブックマークのような素通りしていく形から、新機能のアイデアピンによって蓄積型の事典のようなコンテンツに変わって行こうとしている思っています。であるなら、その流れに乗ってみるのが先行者利益に繋がっていくと考えます。

私の場合はせっかく沢山の方にフォローしていただいたので、その数に恥じないようにキチンとしたアイデアピンを今後 投稿できるように精進していきたいと思います。
アイデアピンは複数のピンの組み立てですので、そこにアイデアとしてまとめるためには自分の知識も系統立てて整理しなくてはなりません。ここで整理したアイデアを更に膨らませたものが、ホームページや次のYouTubeのアイデアの元になろうとしています。誰かのために作ったものが実は自分のために役立ちます。
そして、アイデアピンは始まったばかりで今後も進化していくと思われます。皆さんもその波に乗って自分のアイデアを投稿されてはいかがでしょうか。

Pinterestクリエイターアカデミーなどの新しい情報は以下のリンクからご覧ください。

Pinterest Japan Blog


これが私のピンタレストのプロフィールのページです。イラストはPinterest賞の特典として描いていただきました。これに伴い、TwitterとYouTube、そしてこのブログとすべてのプロフィールをこのイラストで統一しました。今までバラバラだったものをピンタレストを含め、統一していきたいと考えています。
そして最後に今後もクリエイターとして皆さんに役立つアイデアピンを作っていきたいと思いますので、フォローしていただけたら嬉しいです。
私のピンタレストのページ

Ebico

Ebico

テレビ番組やライブの映像編集に30年程関わってきました。その中で得た感覚を元にした美しい映像に関わるアイデアを発信していきます。 2021年7月クリエーターアカデミー📌Pinterest賞受賞

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP