季節外れの三浦半島で みさきまぐろきっぷでお得に癒されるアイデア

オススメ観光スポット

関東に住んでいらっしゃる方は“みさきまぐろきっぷ”というのはご存じでしょうか。
三浦半島を電車で旅するのにはとてもお得なキップになっています。
なんと三浦半島まで往復とそこでのバスが乗り放題で、それにプラスして提携の施設での食事とお土産券(提携施設利用に振り替えも可能)がセットになっています。
今回はそのキップを使って、旅の一例をご紹介したいと思います。

まずは京浜急行の最寄り駅でキップを購入

キップは京浜急行のどの駅でも購入できます。今回は自宅から一番近い京浜急行の品川駅に向かいました。
そこで“みさきまぐろきっぷ”を購入し、京浜急行の路線とバスで旅をするのです。今回は品川でJRから京浜急行の乗り換え窓口で3,570円で購入しました。そこでパンフレットも頂いておきます。

京浜急行で目的地まで移動

パンフレットを見ると、キップと一緒にもらえる“まぐろまんぷく券”でマグロ料理が食べられる食事処が載っているので、そこを目指します。三浦海岸、三崎口駅、油壷、三崎港、城ケ崎、荒崎・ソレイユの丘などの周辺に食事処があるので、今回は三浦海岸で降りることにしました。尚、キップは逆戻りをしなければ途中下車可能です。例えば三浦海岸で一度食事をするために降りて、そこから三崎口に電車で再び向かうことも可能です。

まぐろまんぷく券でまぐろ料理を堪能

三浦海岸駅の近くには7店舗ほどの食事処が登録されていました。その中で駅から3分ほど歩いた“廻転寿司 海鮮”を選びました。ネタが新鮮で美味しかったです。

三浦海岸で癒される

季節外れの海岸は人も少なくてとても気持ちが良いです。三浦海岸は砂地の部分が広いので伸び伸びと過ごすことができます。近くにはマクドナルドもありますので、食後のコーヒーを飲むのも良いでしょう。

バス旅を楽しむ

キップは京急バスでフリーパスとして使えるので、海岸線をのんびりとバス旅を楽しむと良いでしょう。
三浦海岸から三崎港に行く途中には剱崎灯台、白浜毘沙門天、電力発電の風車のある宮川公園などがあります。また三崎口からは京急油壺マリンパーク、長井海の手公園ソレイユの丘、城ヶ島などに行くと良いでしょう。ただバスの本数が少ないうえ、バスの路線が入り組んでいるため、立ち寄った場所で次に移動する時間をあらかじめ時刻表を見て決めておくことをお勧めします。

三崎港を散策して“おもいで”と交換

最後に“三崎・三浦おもいで券”で お土産をもらうために三崎港にバスで向かいました。お店の人に聞くと定価が750円ほどの商品と交換してくれるようです。ですので、パンフレットに載っていない商品でも現地で交渉次第で手に入る可能性があります。
あとは商品との交換ではなく三崎港の水中観光船や電動付き自転車のレンタル、京急油壺マリンパークや三浦マホロバ温泉の日帰り入浴などにも使えるようなので、お好きな“おもいで”に交換されると良いと思います。

まとめ

三浦半島をバスで巡ると自然豊かで昔ながらの漁港や畑あるいは三浦三十三観音があったりと、のんびりと旅するにはピッタリの場所であることに気づきます。
ぜひ お得なキップを使って、いつもと違う旅をしてみてはいかがでしょうか。

三崎港

YouTube動画編

今回、iPhone12 ProMaxで撮影したものを短いYouTubeの動画としてアップしました。ぜひご覧ください。

Ebico

Ebico

テレビ番組やライブの映像編集に30年程関わってきました。その中で得た感覚を元にした美しい映像に関わるアイデアを発信していきます。 2021年7月クリエーターアカデミー📌Pinterest賞受賞

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP