一眼レフでイルミネーションをフィルターを使って撮影するアイデア

撮影アイデア

冬はイルミネーションの綺麗な季節。
最近はあちこちで大掛かりなイルミネーションが増えてきた気がします。
せっかく高いデジタル一眼のカメラを買って感動を綺麗に残したいのに何故か光が小さく写って それをシャープでクリアで高解像度だ、と喜んでも良いのだけど、どこか物足りないと思ったことはないでしょうか。
むしろ友人が隣で撮影したスマホの写真や動画の方が綺麗に見えたりします。
そこで今回は試したフィルターを付けてない映像とソフトフィルターとクロスフィルターを付けた映像をご紹介したいと思います。

レンズフフィルター装着なし


まずはフィルターを何も付けていない状態で撮影してみます。カメラはSonyのα7SⅢに20mm F1.8のレンズを使用しています。

クロスフィルターを装着


これはイルミネーションと言えばクロスフィルターですね。派手になりすぎるので逆に使うシーンは限られますが、印象的に残したいときに重宝するフィルターです。サイズの違うレンズに合わせて それぞれのサイズを揃えるのは大変なので、大きめのサイズを買っておいてステップアップリングでそれより小さなレンズの口径に合わせてサイズを調整するのが良いでしょう。

ソフトフィルターを装着


これはポートレート用のソフトフィルターです。星景写真で光源を大きく見せるために同じようなフィルターが使われます。今回は少し価格の安いポートレート用で撮影しました。

まとめ

最後に定点でそれぞれのフィルターで撮影した映像をお見せします。


どれが一番というわけではありませんが、それぞれの特徴をいかして綺麗なイルミネーションを撮影してみてはいかがでしょうか。

クロスフィルターで撮影した六本木けやき坂のイルミネーション

とにかく派手なイルミネーションを撮影したくて制作しました。参考にご覧ください。

Ebico

Ebico

テレビ番組やライブの映像編集に30年程関わってきました。その中で得た感覚を元にした美しい映像に関わるアイデアを発信していきます。 2021年7月クリエーターアカデミー????Pinterest賞受賞

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP