東京タワーを1DAYパスで思いっきり楽しむ方法

東京

東京タワーは東京の象徴的な観光スポットとして有名です。
そんな東京タワーを何度もメインデッキまで上がれる“1DAYパス”で遊びつくす方法をお伝えしたいと思います。

1DAYパスの購入方法

東京タワーチケットカウンター

東京タワーは高さの違う2つの展望台で構成されています。
2フロアで構成された真ん中150mの高さのメインデッキと、さらに100m高い250mのトップデッキがあります。
1DAYパスはメインデッキまで何回も上がれるチケットになっています。
使いたい当日にチケットカウンターで大人2200円で購入できます。
尚、1回のみのメインデッキのチケット当日券は1200円で、トップデッキまでのチケットは当日券3000円になります。1DAYパスを持っていてトップデッキに上がる場合1800円を追加で支払うとトップデッキまで1回のみ上がれるようになります。ただトップデッキは混雑緩和のために時間帯によって人数が制限されているため、その人数内での対応になります。(2021年10月現在)

東京タワー1DAYパス

1DAYパスを利用するメリット

午前中の空気の澄んだ時間が綺麗

午前中は空気が澄んでいるので遠くまで見渡すことができます。そして太陽がある反対側のビル群は特に綺麗に見ることができます。

東京タワーから午前中の景色

同じ場所を違う時間に眺めることができる

昼と夜では別世界です。時間帯によって美しく変化する東京を眺めることができます。

東京タワーから見る昼の交差点

東京タワーから見る夜の交差点

合間の時間にイベントや食事を楽しむことができる

朝から1DAYパスで景色を楽しんだら、イベントを観たり参加したり、あるいは下のフロアに降りて食事をしたりすることができます。
空いているから平日に行くのもありですが、休日に行われることが多いイベントを目当てに行くのも良いと思います。

♪天翔ける馬&ハープのしらべ♪2021.10.2のみ

東京タワースペシャルコンサート

期間限定コラボイベント『Identity V』in東京タワー

東京タワー特別展示

フードコートで食事を楽しむ

東京タワーフードコート1

東京タワーフードコート2

『東京タワーバンジーVR』毎週土日に開催

東京タワーバンジーVR看板

東京タワーバンジーVR様子

外階段で歩いて昇ってみる

1DAYパスを購入したら、ぜひ外階段からメインデッキを目指してみましょう。1回だけのチケットならエレベーターで上がろうと思いますが、何度も上がれるなら一回は挑戦しても良いかもしれません。
スタートは東京タワーの下にある3階建てのフットタウンの屋上からですし、景色を楽しみながら600段ほど休み休み上がれるので、それほどキツイ感じではありません。

東京タワー外階段

外階段を上がる様子

夜にはライトアップを楽しむ♪

東京タワー屋台

東京タワーのライトアップは夏と冬で違いますし、毎週月曜日には”インフィニティ・ダイヤモンドヴェール”というライトアップになり、その色も月ごとに変わり多彩な色の東京タワーを訪れるごとに楽しめるようになっています。そんなライトアップを見た後で夜景を観にまた上がるのも良いでしょう。

スペシャルライトアップ 東京タワー × CORSAIR

まとめ

1DAYパスを購入したからといって、一日中東京タワーにいる必要もなく、近くの増上寺に行くのも良いですし、東京タワーの横にはレンタル自転車のポートもあるので、都内近くを散策するのも楽しいと思います。
ぜひ東京タワーを中心に都内を楽しむキッカケにしていただけたらと思います。

おまけ1:2021年10月2日の東京タワーから見たゲリラ豪雨の様子

おまけ2:2021年10月2日の1DAYパスで撮影した東京タワー

Ebico

Ebico

テレビ番組やライブの映像編集に30年程関わってきました。その中で得た感覚を元にした美しい映像に関わるアイデアを発信していきます。 2021年7月クリエーターアカデミー📌Pinterest賞受賞

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP